【auひかり】契約前に知っておくべき知識まとめ
auひかりを検討している方向けの記事です。

加入前に知っておくべきポイントや、お得な加入先情報をまとめています。ネット選びの初期段階の方は、コチラもご参考に。

auひかりとは

まずは詳しく説明せず、ざっくりと概要をお伝えします。

auひかりは、光ファイバーを引き込んで自宅で無制限のインターネット(Wi-Fi)が使える様になる固定回線サービスです。KDDI株式会社が提供しており、携帯がauでなくても加入可能です。

auひかりの速度

auひかりは一般的に見ても速いインターネットです。 

建物によって導入している設備に違いがあり、100M・1,000M(1G)・10,000M(10G)と、速度に違いがあるため確認は必要です。

auひかり月額

月額料金は住居タイプや導入設備で変動しますが、目安としてマンション約4,1800円・戸建て約5,610円となります。

auのスマホも利用しているのであれば、ソフトバンクスマホ料金が割引となります。

auひかり 5G・10Gの場合

東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリア限定の、戸建てのみの提供となります。

テレビ設備・固定電話サービス

auひかりで提供しているのは固定電話サービスのみです。

テレビサービスに関してはCS視聴ができるものはありますが、テレビ設備ではない為、戸建ての方はauひかりとは別にテレビアンテナ等を併用する必要があります。

auひかりの概要は以上です。

ここから詳しく解説していきます。

利用できるかの確認

最初にauひかりが利用できるかの判別方法について解説していきます。

auのホームページでエリア検索

公式ホームページで、auひかりが導入しているか判別可能です。住居タイプと郵便番号を入力して確認してみましょう。

リンク:auひかり提供エリア検索

設備の種類を確認しておく

導入している場合は、設備を必ず把握しておきましょう。

  • ミニギガ
  • タイプV
  • auひかりホーム

など、様々なタイプが存在します。後ほど解説しますが、月額や速度に違いが出てきます。

未導入の場合

auひかり以外の回線を検討しましょう。

auひかり以外に、auスマホとのセット割(スマートバリュー)が可能な固定回線は以下の通りです。

  • ビックローブ光
  • ソネット光
  • J:com
  • eo光(関西電力)
  • コミファ光(中部電力)
  • BBIQ(九州電力)
  • Pikara(四国電力)
  • EGG(中国電力)

ネット重視であれば、NTTフレッツ光系であれば安定しています。ネット速度よりテレビ重視であればケーブルテレビ系も検討しましょう。

西日本エリアに関しては電力会社のネットも人気の為、確認が必要です。

auひかり 速度

ここからは、auひかりの速度について解説します。

auひかりの速度は人によって全く違います。なるべく快適にネットを使うために、速くなる要素を2つお伝えします。

  1. auひかり設備
  2. 無線ルーター

の順に解説していきます。

auひかり設備

エリア検索で出てきた設備で速度が決まります。

戸建て(ホームプラン)

プラン名下り上り
10ギガ10G10G
5ギガ5G5G
1ギガ1G1G

戸建てでauひかりが導入している場合は、自分が利用したい速度を選ぶ事ができます。

速いプランを選べば、その分月額料金も上がります。1Gで十分すぎるほど高速のインターネットなので5G・10Gは自分の使い方次第で検討しましょう。

オンラインゲームなどの利用がある方は、速度にこだわる事が多いですが、ネット検索や動画視聴には1Gで十分すぎる速度です。

マンションプラン

プラン名下り上り
ギガ1G1G
ミニギガ
タイプG664M166M
都市構想G
タイプV100M100M
タイプE
タイプF
都市構想

マンションは設備の種類が多く、確認が必須です。

タイプG・都市構造Gの一部では100Mの場合があるので、申し込みの際には再確認をしておきましょう。

100Mだった時の考え方

100Mが遅いという訳ではありません。固定回線である以上ある程度の安定したネット環境は十分に利用可能です。

■必要速度の目安

もし家庭用ゲーム機などで、オンラインゲームや高画質動画など、重たいデータを頻繁に使うのであれば、自宅のマンションにauひかり以外に固定回線が導入していないか確認してみましょう。

速度にこだわるなら、モバイルルーターの選択肢は避けるべきです。速度規格上、100M以上出るモバイルルーターもありますが、安定性の面で、総合的に見ると固定回線のauひかりの方がおすすめです。

auひかりが100Mでも、NTTフレッツ光は1G導入している事はあります。

NTT設備のビックローブ光でauスマホとセット利用も可能なので、速度にこだわる方は確認をしておきましょう。

無線ルーター

Wi-Fiが安定するかどうかで、ネットの速度に大きく影響します。選ぶルーターの品質が重要となります。

auひかりのルーターには2種類の方法があります。

方法①auひかりのホームゲートウェイ

1つめは、auひかり機器内蔵のWi-Fiルーター機能を利用する場合です。

auひかりは、「ホームゲートウェイ」という機器を設置しますが、この中にWi-Fi機能が内蔵しています。

利用には月額550円必要になりますが、auスマホとのセット割(auスマートバリュー)を利用するのであれば、無料で利用可能です。

■ホームゲートウェイ性能

ホームゲートウェイは、auひかりの導入設備によって決まります。

型番BL1000HWであれば、最大2.4G(2,400M)と文句なしの性能です。その他は最大450Mと一般的に見ても少し低スペックが気になるところです。

BL1000HWを利用できるプランは以下となります。

  • auひかりホーム
  • auひかりマンション タイプG
auスマホとセット割を利用する方は、とりあえず無料なので利用してみてから考えましょう。

auひかりのみで利用予定の方は、月額500円が別途必要にもなりますし、別付の無線ルーターも検討べきです。

方法②市販の無線ルーター

家電量販店や、Amazonなどで売られている市販のルーターを利用する方法です。

  • 自分に合ったルーターが選べる
  • 月額500円が不要

これらのメリットがあります。auスマホがないなら月額550(年間6,600円)を払うより、購入してしまった方がお得です。

広いご自宅なら流行りのメッシュWi-Fiなど機能も選べるため自由度が高いです。

auひかり5G・10Gの場合

5G・10Gの回線を活かすのであれば、Wi-Fi6に対応してかつ、10G対応ルーターを購入する必要があります。

現状ではまだ、10G対応ルーターは普及しておらず商品が少ないです。

auひかりからレンタルできる、ホームゲートウェイでWi-Fiを利用する方がコスパも良く無難かもしれません。

5G・10Gを契約する方は、速度にこだわる方だと思うので、どこまでこだわるかは好みです!

速度についてまとめ

速度にかかわる要素を2つ解説しました。

  • auひかりの設備
  • 無線ルーター

auひかりの速度に大きく影響があるのは、やはりauひかりの設備です。

無線ルーターは後からいくらでも変更もできるので、加入の際は設備内容をしっかり確認して加入する事をおススメします。

個人差はあると思いますが、一般的に1Gあれば迷う必要はないと思います。

100M設備の場合は、NTT光回線なども検討してみましょう。

テレビサービス

auひかりのテレビサービスについて解説します。

テレビは、ネットとの連携が強いので、auひかりに加入を検討する際は、必ずテレビ環境を確認しておきましょう。 

auひかりにテレビ設備サービスは無い

テレビを視聴するには、アンテナを設置するか、ネットのオプションなど設備を引き込むかのどちらかが必要です。

auひかりではテレビ設備サービスを提供していない為、テレビ設備は必ず別で準備する必要があります。

アンテナでテレビ視聴する

テレビアンテナが設置してあるのであれば、auひかりのネットだけ加入しても問題なくテレビは視聴可能です。

テレビだけ他社を利用する

auひかりで利用できないテレビ設備を、ケーブルテレビのJ:comなどで契約する事も可能です。

この場合、auひかりで統一する事ができないので月額料金が高くなる可能性が高いです。

J:comや、ビックローブ光など、auひかり以外の回線で「TV+NETプラン」のようなテレビ設備も提供してくれる会社も検討しましょう。

マンションの場合

マンションの場合、建物の設備として無料で地デジが視聴できるようなっているのが一般的です。

なので、基本的にテレビ設備は必要ありません。 

auひかりの弱点

テレビ設備をサービス提供していないauひかり。必要な方にとっては、auひかりを選ばない要因になります。

引越しや、別会社から乗り換えを検討している方は特に要注意!

必ずテレビ設備の環境を確認してからauひかりを検討しましょう。

その他TV系オプション

auひかりテレビサービス

auひかりテレビサービスとは、テレビ設備ではなくネット配信形式でCS放送が視聴できるようになるサービスです。地デジBSは視聴できません。

ネットフリッククスやamazonプライムなどの、ビデオオンデマンドのような娯楽的位置づけのサービスとなる為、CSが見たい方は合わせて検討してみましょう。

リンク:auひかりテレビサービス

固定電話サービス

auひかりは、固定電話サービスの提供があります。

auスマホとのセット割(auスマートバリュー)を適応するためには、auひかり電話への加入が条件となっているので、固定電話が必要なくても加入する方も多いはずです。

auひかり電話は、月額550円追加で利用可能です。ネットとまとめる事により、一般的な電話のみのプランと比べ安く使える為、利用がある方はセット加入で通信費の節約になります。

番号の継続は可能

他社の固定電話を利用していも、電話番号は継続して利用可能です。

ただし、発番元がNTTで加入権がある方のみが対象です。

重要なのは今使っている会社ではなく、どこで発番したのかです。

接続イメージ

ネットのオプションの電話なので、接続はauひかり機器(ホームゲートウェイ)から電話線で接続となります。

家の壁から直接電話線をつないでいた方は、設置場所が変わる可能性もあるのを想定しておきましょう。

auスマホとのセット割だけの為に加入する方は、電話機はおかなくても大丈夫です。

契約だけしておきましょう。

月額料金

auひかりの月額料金を解説をしていきます。

他のネットと比べ、料金設定が少し複雑なので注意しましょう。

auひかりホーム(戸建て)の月額

プラン名契約年数1年目2年目3年目~
ギガ得プラン2年¥5,720
ずっとギガ得プラン3年¥5,610¥5,500¥5,390

戸建ての場合は、契約年数を2年か3年で選ぶ事がでます 

2年契約がギガ得プラン。3年契約がずっとギガ得プランという名称となります。長く使う3年で契約をした方が月額が安く利用できる料金設定です。

契約年数のルール

契約年数ごとに更新月以外の解約には解約金が発生し、金額にも違いがあります。

  • 2年契約違約金:10,450円
  • 3年契約違約金:16,500円
ここは好みですが、長く使うなら3年契約のずっとギガ得プランを選ぶ方がメリットが大きいです!

5ギガ・10ギガの場合

auひかりホーム1ギガの料金に、料金を追加します。

  • 5ギガ:月額+550円
  • 10ギガ:月額+1,408円

マンションタイプの月額

戸建てと違い、契約期間は基本的に2年となり、月額に影響はありません。

マンションの月額のポイントは、auひかり設備によって変動する事です。 

プラン名 契約年数設備月額

auひかり

マンション

2年タイプE163,740
タイプE84,070
タイプV164,180
タイプG16
都市機構デラックス
タイプF4,290
マンションギガ4,455
タイプV84,510
タイプG84,510
マンションミニギガ5,500
auひかりマンションの月額、多すぎてややこしい!

面倒な方は、受付時に必ず教えてくれるので、月額料金の内訳をしっかり確認するようにすれば問題ありません。

契約年数のルール

マンションは2年契約が基本となります。

  • 2年契約違約金: 10,450円
マンションの場合とにかく建物の設備が重要となります。

auスマホセット割

auひかりとauスマホを両方利用すると、スマートフォンから割引が入るセット割引「auスマートバリュー」が適応可能です。

■割引イメージ

3人家族がauスマートバリューを適応した際のイメージです。

割引は10回線まで適応できるので、家族が多ければその分割引も適応できます。割引額はスマホのデータプランによって変動しますが、一般的なのは-1,000円、データ量の少ないプランだと-500円となります。

今利用しているプランを覚えている方は少ないと思いますし、旧プランも含めると数が多くまとめきれません。

割引額はauに「auスマートバリューをしたら、私の契約なら割引額はいくら?」と問い合わせるのが確実でおすすめです。

auスマートバリューには固定電話必須

auスマートバリューの適応には条件があり、固定電話の【auひかり電話】の加入が条件となっています。固定電話を使わなくても、割引が大きい方は契約だけ固定電話を入れましょう。

auひかり電話は、月額550円追加となる為、auスマホが1台しかなのであればスマホの割引額次第では、無理に適応する必要はありません。

適応は必ず申請を!

auひかり加入後は、必ずauスマートバリュー適応の申請をしましょう! 

auショップなどで直接auひかりに加入する場合は同時に手続きしてくれると思いますが、お得に加入するためにauひかりのweb代理店から加入手続きをする方も多いと思います。

その場合は、auスマホとauひかりが連携していないので、以下の方法でauスマホのセット割(auスマートバリュー)を別途申し込みをする必要があります。

  • auショップ
  • webから(My au)
  • auコールセンターへ電話

au 公式リンク:https://www.au.com

■auコールセンター総合案内

au携帯から→TEL:157

au以外から→TEL:0077-7-111

auスマホのセット割を適応させたいと伝えましょう

auひかりオプション料金

サービス名月額セット割適応時
無線LAN利用料¥550¥0
auひかり電話¥550¥550

自分に必要なオプションは、auひかりのネット料金に追加で考えましょう。

auひかり電話は、スマホとのセット割(auスマートバリュー)には加入必須なので注意しましょう。

セット割適応で、auひかり機器内蔵のWi-Fi機能が利用できるようになるため、この場合は無線ルーターを別で購入する必要がありません。

月額料金まとめ

以下サービスに加入した場合の月額料金一覧です。(税抜き)

  • auひかり
  • auひかり電話

auひかりはテレビ設備サービスは提供していないので、戸建てでテレビアンテナがない家庭などは、auひかりとは別でテレビ環境を整えましょう。

また、月額料金はマンションなら設備によって変動、戸建てなら契約年数と5G・10Gを利用するなら料金は更に変動します。

auスマホのセット割引は、スマホからの割引なので、auひかりから直接割引は入りませんが、合わせて計算すると良いです。

初期費用

auひかりに加入する際に必要な費用を確認しておきましょう。初期費用は以下の2点です。

  • 登録料 3,300円
  • 工事費用

auひかり工事費用

工事費ホームタイプマンションタイプ
一括払い41,250円33,000円
分割払い688円×60ヶ月1,375円×24ヶ月

※工事日を土日祝で希望される場合は、別途3,300円必要です。

ホームタイプだと5年の分割払い、マンションタイプなら2年の分割払いとなるのが基本です。

工事費実質無料のルール

auひかりを利用している間は、工事費分割額と同じ金額の値引きを適応する事が可能です。つまり、工事費を払い終えるまでauひかりを利用すれば、工事費は実質無料となります。

仮に1年で解約してしまった場合は、工事費残債の負担となるため、短期での解約はメリットがありません。

ホームタイプは注意!

この工事費実質無料を利用するには、ホームタイプは固定電話のauひかりの加入が必須条件となります。

その他費用

auひかりの契約とは別で、必要に応じて独自で購入する可能性のあるものをまとめています。

無線ルーター

auひかり電話に加入する場合は、au機器のWi-Fi機能を無料で使えるので必要ありません。

ネットだけで加入する方や、ルーターにこだわりたい方は無線ルーターが必要になります。

電話機

auひかり光電話に加入する場合、まだ固定電話はご自身で購入する必要があります。

いま使ってる固定電話はそのまま利用可能なので購入不要です。

利用までの流れ

受付から使えるまでのスケジュール感などを確認しておきましょう。

auひかりの申し込み

※どこで申し込むのがお得かは、後ほど解説します。

auひかりを申し込み後、KDDI側で利用住所の設備確認を行います。設備に問題なく、auひかりが開通できそうであれば工事微調整の連絡が来ます。 

戸建てなら受付から約2週間。マンションなら約1週間で連絡が来ます。

機器受取り

無事に工事予定日が決まると、auひかりを利用するための機器が事前に送られてきます。工事当日に利用するので、受け取って保管しておきましょう。

工事内容

工事当日は、回線の引込をauひかり作業員がしてくれるので、立ち合いが必要となります。 

作業時間は約2時間となります。

機器設置と初期設定

auひかり作業員が行うのは回線の引込までとなります。

設定に関しては機器に線を差し込んでいくだけの簡単な作業で完了する ので、難しく考えないようにしましょう。

Wi-Fi設定

Wi-Fi(無線)を利用する場合は、使いたい端末でWi-Fi設定が必要です。

使いたい端末で最初に一回だけ無線ルーターに貼ってあるSSIDを選択し、暗号キーを入力する必要があります。

他社から乗り換える場合

auひかり以外のネットから乗り変えた場合、忘れずに旧プロバイダーやネットを解約しましょう。

基本的にはauひかり開通後に解約をしましょう。工事日当日にならないと、必ずauひかりが利用できるようになるとは言い切れないからです。

必ずauひかりが使える様になってから解約するようにしましょう。

お得な加入先