【置くだけWi-Fiは3種類】ホームルーターのおすすめを4つの要素で解説

コンセントにさすだけで、自宅のWi-Fiが簡単に手に入るホームルーター。

  • 光回線が引けない物件
  • 工事をせずにある程度の速度が欲しい

こんな方にとっては最適の選択肢です。

この記事では、そんなホームルーターの選び方を業界10年の私が解説します。

結論からお伝えすると

docomoの home5Gが総合的に見ておすすめです。  

ただし選ぶための要素が複数あるので、重要なポイントは知っておくのがおすすめします。

順番に解説していきます。

置くだけWi-Fiの種類は3つ

置くだけWi-Fと呼ばれるホームルーターですが、まずはどんな選択肢があるのかを知っておきましょう。

現在は、以下の3種類が選択肢となります。

  • ドコモhome5G
  • SoftBank Air
  • WiMAX(au系列)
ちなみに、スマホの契約が無くても単体で契約可能なのでご安心ください。

販売窓口は別でも同商品

【例】WiMAXの販売窓口

SoftBankAirとWiMAXに関しては、販売窓口が複数ありサービス名も変わっていることがあります。

ですが サービス内容は同じ なので、まずは品質でホームルーターを選びましょう。

〇〇Airや〇〇WiMAX。

商品は本質的には差はありません。
まずは本質的にどのホームルーターが合っているか判別した後に、お得な窓口を確認しましょう。

将来的にはNUROも参入予定

2022年4月1日から「NURO Wireless 5G」を発表しています。

NURO Wireless 5Gエリア検索

公式:NURO Wireless 5Gサービス提供可能エリアの判定

使えるエリアはごく一部で、速度も安定するかは未知数。
個人的には2024年ぐらいまでは様子見で良いので、今は考える必要はないかなと考えてます。

そのうち楽天モバイルも入ってくるかもしれませんが、同じく今は考えなくてOK

ホームルーター選びの4大要素

  1. データ量制限
  2. 通信速度
  3. 初期費用と解約金
  4. 月額料金

この4つが重要で、上から順番に重要度が高いです。

なるべく速くて快適なサービスを、リスクを抑えて契約することを意識しましょう。

そのうえで安ければなお良し。なので月額の優先順位は最終。

それでは解説していきます。

①データ量制限

通信量の制限があるかは、とても重要な判断基準です。  

結論からお伝えすると、WiMAXには制限があるので要注意です。

サービス名月間制限直近数日間の制限
home5Gなしなし
SoftBankAirなしなし
WiMAX HOMEなしなし
※2/1~

※WiMAXも2022年2月より、+5Gで制限なしとなりました!

以前までは制限を気にする必要がありましたが、現状ではあまり気にしなくて良いです。

home5Gの口コミ
大量通信への注意書きはある

無制限で使えているので気にしすぎなくて良いですが

docomoやソフトバンクの公式ホームページ上には「大量通信がある場合は制限の可能性はある」と記載はされています。

念のための記載なので、制限なしの認識で問題ありません。

②通信速度

遅くて不満のあるサービスだと、月額が安くても意味がありません。

だからこそ、速度重視でホームルーターを選びましょう。

サービス名下り上りPing値
home5G1882053
SoftBankAir60747
WiMAX HOME491150
  • みんそくの平均速度2022年6月参考
  • 下り…ダウンロード(受信)
  • 上り…アップロード(送信)
  • Ping値…反応速度(これは低い方が良い)

※重要なのは下りの数字が高い事。Ping値は多くの方は気にしなくて良いが、対戦オンラインゲームなどをする場合は注目。

ユーザー投稿で平均速度を出している「みんなのネット回線速度」を参考にした速度データです。(2022年6月2日確認分)

使う環境によって大きく差があるので、あくまで参考程度ですが 明らかにドコモのhome5Gが速いのが分かります。  

なぜドコモhome5Gは速いのか?

docomo home5G

簡潔に伝えると「電波の質が違う」から速いです。

SoftbankAirやWiMAXに関しては、モバイルルーター専用の電波を主として利用しています。

それに対してドコモは、 スマートフォンなどと同じ高品質な5G・4GLTE回線を利用しています。  

これが速度の差が出る要素と言えます。
特別な理由が無ければ、home5Gが有利な点です。

③本体代+解約金

ホームルーターはモバイル電波を利用しているので、光回線と比べると通信が不安定になりやすいです。

もし解約したいと思った際のリスクに備え、初期費用や解約費用などのトータルコストを理解しておくのはとても重要です。

サービス名本体代金解約金
home5G39,600円なし
SoftBankAir71,280円10,450円
2年自動更新
WiMAX HOME21,780円~20,900円
3年契約が主流
※税込み。代表例。

注意すべきなのは、本体代金の部分です。

そして 特に注意すべきなのはSoftbankAirの本体代金が高額ということです。  

もし短期解約となるなら、本体代金の残債と解約金が必要となり、8万以上の解約コストが必要となる可能性を理解しておきましょう。

この契約条件に関しても、ドコモhome5Gは優秀!

④月額料金

毎月のお支払いは、相場大きくは変わりません。

サービス名月額料金スマホセット割
home5G4,950円docomo
SoftBankAir5,368円Softbank
Y!mobile
WiMAX HOME約4,500円au
UQmobile
※home5G以外は加入窓口で変化。

スマホセット割を考慮する

  • docomo
  • Softbank、Y!mobile
  • au、UQmobile

大手キャリアのスマホを利用している場合は、割引額も大きいので判断材料に入れましょう。

割引イメージ
【例】ソフトバンク系列の場合

割引はスマホ料金からの割引となり、プランによって金額も違いがあります。

一般的には、1台×-1,100円の割引が適応されます。台数は10台まで適応できるのも魅力の1つです。

・ahamo
・LINMO
・povo

などの、オンライン専用の低料金プランは対象外なので注意です。

個人的にはドコモhome5Gが優秀過ぎるので、スマホもドコモに乗り換えるのも選択肢。

光回線との違い

基本的には、光回線の方が速度は速い可能性が高く

  • 光回線の設備が無い
  • 工事をしたくない

こんな方がホームルーターを選ぶ理由となります。

ただし、 場合によってはホームルーターの方が速くなるということもありえます。  

光回線よりも速い可能性

結論から言うと、 マンションにお住まいの方で設備速度が100Mの場合。 (VDSL/LANタイプ)

この場合は、ホームルーターの方が速くなる可能性があります。

光回線の設備を調べたい方はコチラ

ただし、あくまで可能性の話なので断定はできません。

陸上の50m走と同じで、予想はできても優勝する選手はやってみないと分からないようなものだと思ってください。

たまに聞く悪質な営業例があり、1Gの光回線を利用しているのに速度が速くなるとホームルーターを提案する例。

根拠もなければ、要素としては信じがたいものもあるのでご注意ください。

逆に100M回線の方は、検討してみても良いかもしれません。

ドコモhome5Gがおすすめの理由

商品名home5G
下り速度(みんそく平均)188Mbps
上り速度(みんそく平均)20Mbps
ping値53ms
通信制限なし
月額4,950円
セット割docomo
加入手数料3,300円
本体代金39,600円
本体割引実質無料
36ヵ月利用で
解約金なし
縛りなし
  • 速度の信頼度
  • 解約金0円
  • 本体代金も比較的安い
総合的に評価してドコモのhome5Gが優れています。  

セット割を考慮せず、純粋なホームルーターのおすすめは迷いなく「docomo home5G」です。

ホームルーターとしては相場通りですが、上り速度やPing値は遅いので注意。
これはホームルーターの限界です。

あとは、本体代金の実質無料の部分。

3年使わないなら、本体代金の残りが請求されることを理解しておきましょう。
キャッシュバック15,000円

docomo home5G

2022年9月現在、 web申込み特典でキャッシュバック15,000円実施中です。  

ホームルーターは、home5G一択レベルなので、これを機にスマホもドコモで合わせる。
もしくはスマホ単独で安い低価格プランに変更を検討するのもあり。

SoftbankならAir、auならWiMAXも検討

スマホをdocomoに乗り換えた方が良いほどhome5Gが魅力的ですが、やむを得ない理由があるなら セット割ができるキャリアで合わせましょう。  

SoftbankAir

商品名SoftbankAir
下り速度(みんそく平均)51Mbps
上り速度(みんそく平均)20Mbps
ping値47ms
通信制限なし
月額5,368円
セット割Softbank
Y!mobile
加入手数料3,300円
本体代金71,280円
本体割引実質無料
36ヵ月利用で
解約金10,450円
縛り2年自動更新
キャッシュバック3万円

SoftbankAir

本体代金が高額なのがネック。
だた、キャッシュバック3万円と高額なので

・長期利用前提
・セット割ができるSoftbankスマホが複数台ある

こんな方にはおすすめ。

WiMAX

商品名WiMAX
下り速度(みんそく平均)49Mbps
上り速度(みんそく平均)11Mbps
ping値50ms
通信制限※2022年2月~制限なし
月額約4,500~5,400円
セット割au
UQmobile
加入手数料3,300円
本体代金21,780円
本体割引無料
解約金10,450~20,900円
縛り2年自動更新
制限がなくなり、完全無しではなくなりました。au系のセット割ができるなら検討しても良いレベルへ。

2022年の結論、なるべくdocomoを選ぶ

おすすめのホームルーターを解説してきましたが、docomoの home5Gが頭一つ抜けている のが伝わっていると嬉しいです。

工事はしたくないけど、少しでも速い無制限のネットが欲しいという ホームルーターの本質的な価値としては最高評価です。  

ぜひ検討してみて下さい。

リンク:home5G

速度を求めるなら光回線も検討を

参考記事:光回線の選び方

home5Gは速いと言われますが、光回線で遅いと言われるJCOMと似た速度。

速度重視なのであればNTTの1G光回線などの方が、要素としては強いです。
納得できる回線選びになるのを祈っています。