【役割が全く違う】フレッツテレビ・ひかりTVの違いと選び方
  • フレッツテレビ
  • ひかりTV

何が違うのか分かりずらいですよね。

私はケーブルテレビやフレッツ回線の元販売員ですが、

この2つは役割が違うので 「戸建て」or「マンション」などの情報があれば、ある程度のテレビ環境が分かり簡単に選択ができます。

結論から言うと

  • テレビ設備が無いならフレッツテレビ
  • CS放送を手軽に見たいならひかりTV

となります。

それぞれの違いや、テレビ環境による判別方法などを解説していきます。

ちなみに

フレッツテレビの場合

ドコモ光だと「テレビオプション」ソフトバンク光だと「ソフトバンク光テレビ」のようにサービス名が違いますが、サービス内容は同じものと認識して見てください。

フレッツテレビの役割

まずはフレッツテレビの役割について解説します。

テレビを見るために、壁のテレビジャックとケーブルをつなげますが、これは物件内のテレビ配線とつながっています。

一般的には、テレビアンテナを設置してテレビ電波を受信しますが、 アンテナ設置せずにでテレビ電波を受信できるサービス がフレッツテレビです。

つまり、フレッツテレビの役割は、 自宅のテレビ設備 ということになります。

マンションの場合は加入不要

テレビ設備であるフレッツテレビですが、 マンション場合は、基本的は既に設備があるので加入不要です。  

NTT西日本では、そもそもマンションは契約不可。NTT東日本でもマンションでフレッツテレビに加入するのは特殊なケースです。

マンションの場合は、物件としての設備が整っているので自身で何かする必要がありません。詳細は管理人に確認しましょう。

JCOMなどのケーブルテレビなら、地デジはマンション設備として無料で見れます。

有料契約をする必要はありません。(勘違いしている人多い)
フレッツテレビについての記事

ひかりTVの役割

ひかりTVは、 設備ではなくネット配信動画サービス となり、YouTubeをテレビで映すのと近いです。

見れる映像は、映画・ドラマ・アニメなど、様々な専門番組(CS放送)をメインとしており、テレビ番組数を増やしたい方向けのサービスとなります。

そのため、ひかりTVの役割は 映像娯楽サービス の認識で良いかと思います。

ネット動画なので、マンション戸建ては関係ない

フレッツ光のネット回線さえあれば利用が可能です。

その分、 ネット速度が重要になります。 快適に視聴するためにも、フレッツ設備は100Mだと、映像が乱れる可能性が高いので注意です。

ひかりTVについての記事

選び方実例

サービスの役割をお伝えした上で、実例をもとに選び方を解説します。

戸建ての場合

今のテレビ環境によって選択肢が変わるので、パターン別に解説。

テレビアンテナがある場合
  1. フレッツテレビは加入不要
  2. CSに興味が無いなら、ひかりTVも加入不要
  3. CSを視聴したいなら、ひかりTVを検討

すでにテレビ環境があるなら、どちらも加入する必要は無いです。

今より チャンネル数を増やしたいなら ひかりテレビでCS放送追加を検討しましょう。

テレビアンテナが無い場合
  1. 新たにテレビアンテナを設置する
  2. ネット合わせてフレッツテレビを検討する

新たに テレビ設備を整える必要があるので、ひかりTVは基本的に選びません

新築の方、もしくはネットの乗換え時にはこの選択をする必要があります。

マンションの場合

マンションは、基本1択です。

  1. CSが見たいなら、ひかりTV

テレビ設備がマンションにあるはずなので、地デジは無料で視聴できるはずです。お金を払ってでもBS/CSが見たいならひかりTVへ加入しましょう。

まとめ

選ぶべきテレビサービスは判別できましたでしょうか?

  • 戸建ての設備ならフレッツテレビ
  • 手軽なCS放送ならひかりTV

でイメージできていると嬉しいです。

どちらも、NTTフレッツ光系なら利用可能なので、あとは 最適なネットも比較して選んでみてください。