【業界10年のプロならこう選ぶ】NTTフレッツ光コラボを徹底比較!

NTTフレッツ光設備の光コラボの中から、 速くてコスパのいいものを選ぶ という考えで

  • 自分が使うなら
  • 家族、友人のネット相談なら

どうやって選ぶのかを、通信歴10年で元販売員の私が解説しています。

結論からいうと、 以下の順に確認していくと、自身に合ったコラボ光を導けます。

厳選した根拠と共に解説します。

人によって細かく環境も価値観も違うので、必ずしもこの通りが正しいとは思わないです。

ただ、一番下まで読んだころには
多くても3択までには選択肢がしぼれているはず。

ぜひあなたに合ったNTTコラボ光選びにお役立てください。
記事は毎月更新

2021年12月キャンペーン更新済み

日々キャンペーンは変動するので、おすすめするコラボ光も毎度変わります。

いま何が得か分かる記事にしています。

・継続して節約したい
・あと半年で更新月

など、最新情報を知りたい場合はブックマークしてみて下さい。

(2021年12月1日)

まずは選択肢を限定していく

いきなりですが、ここまで選択肢を絞ります。

理由は以下の通り。

最低条件①会社の信頼度

運営会社が信頼できるかどうかは、絶対条件です。  

光GiGA」に関しては、不適切な勧誘で総務省から指導を受けており、選択肢から除外とします。

指導された会社はすすめられません。

条件②高速IPv6に対応している

NTTフレッツ回線には通り道が2つ存在しますが、 混雑しやすい通信は驚くほど遅いです。  

遅く使えないネットなど、契約するのが無意味では。
と個人的には思うので、私はおススメしません。

非対応は除外

  • excite光
  • AsahiNet光

この2社は高速通信IPv6に対応していません。(正確にはIPv4 over IPv6)

NiftyはIPv6に制限

https://support.nifty.com/support/information/network.htm
Niftyも老舗プロバイダーで知名度は高いですが、制限してるならわざわざ選ぶ理由もないかなと思います。

コラボ光 比較データ

選ばないものを外したあとは、 選ぶための情報を比較 しましょう。

状況次第でおすすめしたい回線は変わりますが、プロが見る判断基準を一覧にしています。    

私なら絶対に考慮する項目を表にしています。

わけが分からない場合は飛ばして結果だけ見てもOK!
←動きます→
コラボ光名マンション月額
(v6込)
戸建て月額
(v6込)
月額割引無料
Wi-Fi
スマホ
セット割
コラボ光名新規工事費
※目安
工事費
無料
CB
(新規)
CB
(事業者変更)
CB
(転用)
他社解約金その他キャンペーンコラボ光名契約年数解約金
ドコモ光¥4,400¥5,720docomoドコモ光¥19,800※¥20,000※¥20,000※¥15,000※キャッシュバックはdポイントドコモ光2マンション8,800・戸建て14,300
SoftBank光¥4,693¥6,233SoftBank・Y!mobileSoftBank光¥26,400他社のみ¥37,000¥15,000¥15,00010万まで負担他社乗換えなら工事費実質無料SoftBank光2¥10,450
ビッグローブ光(2年)¥4,488¥5,698au・UQmobilビッグローブ光(2年)¥19,800実質無料¥29,000¥10,000¥10,000光電話契約で+CB4,000円ビッグローブ光(2年)2¥9,500
ビッグローブ光(3年)¥4,378¥5,478au・UQmobilビッグローブ光(3年)¥19,800実質無料¥29,000¥10,000¥10,000光電話契約で+CB4,000円ビッグローブ光(3年)3¥11,900
So-net光¥4,928¥6,138au・UQmobilSo-net光¥26,400実質無料¥60,000¥40,000¥40,000キャッシュバックは2回に分かれ、1回目3ヵ月・2回目12ヵ月後So-net光3¥20,000
楽天ひかり¥4,180¥5,2802,200円×12ヶ月楽天モバイル楽天ひかり¥19,800楽天モバイル契約者なら1年月額無料楽天ひかり3¥10,450
OCN光¥3,960¥5,610ocnモバイルOCN光¥19,800OCN光2¥11,000
ぷらら光¥3,960¥5,280ぷらら光¥19,800¥50,000¥29,000¥29,000ぷらら光なし\0
IIJmioひかり¥4,356¥5,4561,716円×12ヶ月IIJ sim(1台)IIJmioひかり¥19,800IIJmioひかり2¥5,500
hi-hoひかり¥4,125¥5,445550円×36ヶ月hi-hoひかり¥19,800hi-hoひかり3¥33,000
DTI光¥3,960¥5,280au(1台)DTI光¥19,800\13,000~DTI光なし¥0
アットSMART¥3,960¥5,060アットSMART¥19,800アットSMART2¥22,000
enひかり¥3,828¥4,928enひかり¥16,500UQモバイル・ahamo利用者ならenひかり月額から-100円enひかりなし¥0
コラボ光名マンション月額
(v6込)
戸建て月額
(v6込)
月額割引無料
Wi-Fi
スマホ
セット割
コラボ光名新規工事費
※目安
工事費
無料
CB
(新規)
CB
(転用)
CB
(事業者変更)
他社解約金その他キャンペーンコラボ光名契約年数解約金
  • 税込み表示
  • 月額はIPv6込みの料金で記載
  • CB=キャッシュバック
  • 特典は急に変わる可能性あり注意

月額で見るべきポイント

  • IPv6(高速通信)込みの月額料金
  • 加入特典の割引額と期間
  • スマホとのセット割

月額はこの3つを確認しましょう。

1度契約したら長く使いたいのか、2~3年の契約期間ごとに見直しをしたいのかで見るべき月額料金は変わってきます。

月額料金

enひかり・@SMART光などは、知名度は低い分、月額が安いです。

安心のNTTグループ、ぷらら光・OCN光が月額が安いのには驚きしかありません。

月額割引キャンペーン

各社キャッシュバック特典が主流ですが、楽天ひかりは楽天モバイルを利用すると「楽天ひかりが1年無料になる」強いキャンペーンがあるので選ぶ要素になります。

ただし、いずれなくなる月額割引。契約期間が過ぎたあとにまた見直しをする必要はあります。

個人的には2年ごとの見直しを推奨しているのでうまく活用したいですね。

スマホセット割は大手なら必須

携帯会社コラボ光
docomoドコモ光
SoftBank・Y!mobileSoftBank光
au・UQmobileビッグローブ光
So-net光

大手3大キャリアに関してはスマホのセット割が特に大きいです。

※ahamo・povo・LINMOはセット割対象外なので注意!

↓ドコモの場合

スマホ1台ごとに割引が入るので、家族人数によっては光を引いた方が安くなる事も。利用しているなら合わせるのが無難です。

新規なら工事費無料に注目

キャッシュバック額も気になりますが、新規の場合は初期費用がいくら必要かは把握しましょう。

フレッツ光回線がはじめてなら工事が必要

初めてネットを引く場合や引越し、フレッツ回線ではないネットからの乗換えの場合なら、工事費を必ず確認しておきましょう。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光(他社乗換えなら実質無料)
  • ビッグローブ光(実質無料)
  • So-net光(実質無料)
  • @SMART光
これらは工事費にキャンペーンがあるので、活用していきたいところ。

キャッシュバック比較

一番目をひくポイントではありますが、確実に受け取れるように 条件は必ず確認しましょう

受付種類に注意

キャッシュバック額の表示は、基本的に「新規契約」の場合の額となります。

転用や事業者変更ではキャッシュバック額が違うのが一般的 なので知っておきましょう。

キャッシュバック額ランキング

やはりキャッシュバックを出せるのは、知名度の高い大手ばかり。

ただし、 キャッシュバックが高いからと言っておススメとは限りません。

特にSo-net光に関しては、受取条件が難しいので個人的には非推奨。

総合的にみて、良心的な会社をおすすめとして結果を出しているので参考程度に。

他社違約金負担のキャンペーンも強い

ソフトバンク光は最大10万円まで還元  

WiMAXなどからの乗換えの場合、本体代の残債なども対象となります!

解約コストが高くて困っている方にとって、Softbank光は心強すぎます。

さらに他社乗換えなら、新規工事費分のキャッシュバックも増額。

通常キャッシュバックと合わせると一気にソフトバンク光が最強クラスの特典になります。

契約期間と解約金のチェックもしておこう

もらう額ばかり見ず、 解約するときのリスクは加入時に確認しておくと本当に得か判断できます。

解約金は必ず把握しておきましょう。

解約金0円

ぷらら光・enひかり・DTI光に関しては、縛りなし解約金なしの珍しいコラボ光です。

解約時に綺麗に済ませたい方には嬉しい契約条件です。

ぷらら光に関しては、高額キャッシュバック特典の1年以内返金期間はあります。

逆に1年使えば、高額キャッシュバックありの縛りなし。さすがNTTとしか言いようがない強さです。

状況に合わせて使い合わせてみてください。

これらの要素を踏まえての選び方

私のおすすめは以下の通り。  

以下で結果解説!

①スマホのセット割で選ぶ

スマホのセット割引が可能なら、まずは対象の光を検討しましょう  

家族で4台docomoスマホ利用中の様な状況であれば、もうドコモ光一択です。

無理に合わさなくて良いパターン

スマホ1台のみ・対象のスマホプランではなかった」など、恩恵が少ないようなら②へ進んでください。

  • ahamo
  • LINEMO
  • povo

の様なキャリア格安ブランドは、セット割は適応できないので恩恵がありません。
この場合も②へ進んでください。

離れて暮らす家族など、別宅の光回線でセット割がすでに適応されている方も恩恵を重複はできません。②へ進んでください。

セット割=絶対合わせる
は、今の時代もう古いです。

セット割=恩恵が無いなら無視。
これが正しいです。

・docomo

ドコモ光公式オペレーターと相談可能

ドコモスマホ利用者であれば、ドコモ光一択です。
ドコモ光の月額解説

・Softbank & Y!モバイル

【SoftBank光】オプション・面倒な申請不要で37,000円

  • ソフトバンク
  • Y!mobile

を利用しているなら、Softban光が最適です。セット割がなくても特典はNTT内でもトップクラスなので大きく得することは可能。

Softbank光の月額解説

・au & UQmobile

ここは2択になり、好みが分かれるので比較記事をご覧ください。

・楽天モバイル

楽天ひかり

光回線が1年無料はとても強いです!  

新規工事費も無料になり、節約したい方にとっては最高レベルのキャンペーンです。

・OCNモバイル

5回線までなら、月額-220円のセット割が可能。

  • OCN光
  • ドコモ光(プロバイダーOCN)

が選択肢です。

現在は非推奨

おすすめはOCN光ですが、2021年11月現在はキャンペーンが少し弱め。
見送るか、携帯もUQ mobileに乗り換えて、光はビッグローブ光などに変更するのが本音おすすめ。

・BIGLOBEモバイル

ビッグローブ光

月額330円割引できる「光☆SIMセット割」が適応可能です。

注意

2021年11月現在、受付停止中なので適応できません。

BIGLOBEモバイルの新料金プラン対応などに伴うシステム改修なので、そのうち再開するかもですが、セット割は無しで考えましょう。

もしくは、UQ mobileとビッグローブ光でセット割を組めるように変更がおすすめ。

②フレッツ回線利用中なら

②に進まれたということは、 スマホのセット割を考慮しなくていい方 という事になります。

そのうえで「フレッツ光回線を利用しているか?」という質問に対して

「はい」なら 工事不要で乗換えができる という事になります。(転用・事業者変更という制度)

・工事不要(転用・事業者変更)乗換え

既に利用しているフレッツ光回線の設備をそのまま活用して乗換えします。

つまり、工事不要・工事費無料で乗り換えることができる という事です。(フレッツ光からを転用・ドコモ光などのコラボ光からの乗換えを事業者変更という制度となる)

であれば、選ぶ要素は「ネット単体で得なものを選ぶべき」です。

おすすめ2つ選抜!
黄色の背景 の部分はメリットなので要チェック!

  • ぷらら光
  • 楽天ひかり

が強いのでおすすめです。(2021年11月18日更新)

ただし、 どちらも条件ありなので注意点をしっかり確認してみてください  

全てが合格点なのがぷらら光
  • 月額の安さ
  • キャッシュバック額
  • 安心のNTTぷらら
  • 契約ルール

どれをとっても合格点!おすすめです。  

月額が安くなって、キャッシュバック28,000円手に入るという得しかない方も多いはず。

ぷらら光はコチラ

ぷらら光

ぷらら光の事業者変更マニュアル
事業者変更の手順ごとにまとめています。

※転用の解説記事は、まだできていません。
コスパが良いのは楽天ひかり

いま利用している光回線を、1年間無料にすることができる楽天ひかり。

楽天モバイルを新たに契約する必要がありますが、初期費用・月額0円運用が可能なので、 無料条件は簡単にクリアすることが可能 です。

以下の記事で解説しているので、確認してみて下さい。

楽天ひかりへの事業者変更マニュアル

楽天ひかり公式はコチラ

楽天ひかり

1年無料は、キャッシュバックよりも得が上回る強さがあります。楽天モバイルを新たに契約する前提なのが難易度が上がってしまいますが、検討する余地はあり。

③他社インターネット利用中?

ここまで来た方は大手スマホのセット割恩恵がなく、今フレッツ回線も利用していないという事ですよね。

そのうえで、「他社を利用中?」の質問に対して

  • はい→乗換え新規
  • いいえ→純新規

となるはずです。

・「はい」なら他社乗換え新規

であれば 解約費用を負担してくれるSoftbank光が強いので 、まずは検討してみてください。

モバイルルーター等の本体代残債も対象なのでうまく活用しましょう!

乗換えでない、純新規おすすめNo.1のビッグローブ光との比較です。

とにかく SoftBank光の他社解約金負担キャンペーンが強いです! 解約金が発生するなら、必ず候補に入ります。

しかし、「Softbank AirY!mobaileポケットWi-Fi」などのSoftbank系は対象外です。

この場合は、純新規でお得なネット回線を検討しましょう。

SoftBank光へ乗換え

【SoftBank光】オプション不要!面倒な申請不要!キャッシュバック37,000円

SoftBank光への乗換え新規マニュアル
乗換えなら、工事費も解約金も負担してくれ、その上37,000円のキャッシュバックがもらえます。
条件に当てはまるなら、新規でNTTフレッツ回線を手に入れる最善の選択肢です。

・「いいえ」なら純新規

他社乗換えでないなら、シンプルに新規契約をする方ですよね。

なので、選ぶポイントとしては 新規工事費を上回る特典メリットがあること が重要です。 

3つの候補を選出
  1. ビッグローブ光
  2. ぷらら光
  3. 楽天ひかり

おすすめはこの3社。

キャッシュバック派なら、ビッグローブ光かぷらら光。
月額無料派なら、楽天ひかりがおすすめです。

キャッシュバック派へのアドバイス

結論、迷ったら

  • 戸建て→ビッグローブ光
  • マンション→ぷらら光

が良いと考えます。

理由はマンションの場合、新規工事費が満額不要で2,200円になる可能性も十分あるからです。

であれば、 工事費にキャンペーンが無いがキャッシュバックが50,000円と高額な方が得する可能性が高いからです。  

最後は好みなので、あなたが一番魅力に感じるところで選んでみて下さい。
ビッグローブ光 新規申込の流れ
ぷらら光 新規申込の流れ
楽天ひかり 新規申込の流れ

純新規で戸建てテレビ利用の場合

純新規で、 戸建てテレビ契約ありならドコモ光が得する場合もあります。  

アンテナ代わりのテレビサービス(フレッツテレビ)に加入するなら、ネット工事費とは別にテレビ工事費や月額が必要となります。

そのテレビサービスにキャンペーンがあるのは

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光

この2社だけです。

テレビキャンペーン
コラボ光TVキャンペーン内容
ドコモ光CS(スカパー)契約で約3万のTV工事費が無料
ソフトバンク光5年契約を選べるようになり月額⁻500円

ソフトバンク光の場合は500円安くなっても、そもそも他のコラボ光の方が安いので意味がありません。

結論、 以下条件に当てはまれば、 ドコモ光は検討する価値があります。

  1. ahamoなど、ドコモ携帯の利用はあるがセット割恩恵が無い、もしくは少ない方
  2. CS放送(専門TVチャンネル)を月額約1,980円以上払ってでも見たい方
無料になる工事費は、CS放送を2年以内に解約してしまうと同等額の違約金が必要です。

なので、CSを見ないのであれば月額1980円以上払うより、3万円の工事費を払った方が得します。

つまり、CSに興味が無いなら損。興味がるなら、お得。というキャンペーンです。

ドコモ携帯を持っていない場合でもTV工事費は適応できますが、ネット加入特典の2万ptを受け取れないため、それはまた損で、ドコモ光を選ぶ理由がありません。

だからこそ、2つの条件に当てはまる場合のみドコモ光を検討してみて下さい。
ドコモ光関連記事
ネット+テレビありの初期費用を記載ているので、確認してみて下さい。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

記載しているキャンペーンは、なるべく最新の情報を更新するようにしていますが、 この業界は急に内容が変更される場合も多々あります。  

webサイトから申込み後、オペレーターと最終確認する際にキャッシュバックの金額に問題がないかなど、確認して問題なければ本契約に話を進めてみて下さい。

NTTフレッツ光コラボは、設備元が同じなので品質差は大きくありません。

であればお得な会社で入る方が良いので、その選択肢が見つかれば幸いです。

読んだけど苦手で、訳が分からないーという方はTwitterなどで声かけてみてください。

Twitterリンク

皆さんのネット選びが成功しますように!