【GMOとくとくBB光へ】事業者変更の流れを8ステップで解説

光回線の日本代表といえば700万回線契約のある「ドコモ光」

そのプロバイダーとして大人気なのがGMOです。

そんなドコモ光と、 品質はほぼ同じで月額を最安クラスで利用できるのが「GMOとくとくBB光」

スマホのセット割が無い方はお得な選択肢になりえるでしょう。

もし同じNTT光回線を利用中なら、事業者変更という制度を使えば 工事不要で簡単に乗換えが可能です。  

この記事は、通信業界約10年で元NTT系光回線の販売員の私が

GMOとくとくBB光への変更方法を解説します。  

新規工事はしないので、手続とプロバイダ設定をするだけのイメージ。

すること順にまとめているので、目次リンクを活用しながらご活用ください。
2022年6月 事業者変更キャンペーン
  • 縛りなし契約へ変更
  • 高品質Wi-Fiルーター無料

※ドコモ光プロバイダGMOでも適応可能(コールセンターにて確認済み)

公式サイト:工事不要!契約期間縛りなし!【GMOとくとくBB光】月額3,430円(税込3,773円)〜!

今月はお得⁉

NTTフレッツ光系の最新比較はコチラ  

【毎月更新】NTT光コラボ比較!

①GMOとくとくBB光サービス詳細

まずはGMOとくとくBB光に変更してお得なのか判断するためにも、サービスを知りましょう。

とはいえ同じNTTフレッツ光回線。 基本的にはサービス内容に大きく差はありません。  

事前に知っておくべき項目は5つ。

それぞれ確認しておきましょう。

すごく簡単に表現すると

ほぼ同じ商品を、GMO一括管理に変えるだけで安くなるかもしれない。という話ではあります。

その上で細かい部分を確認しておきましょう。

1. GMOとくとくBB光 月額料金

GMOとくとくBB光 他社比較 大手光コラボの月額料金比較の画像

GMOとくとくBBひかりの月額は

  • マンション 3,773円
  • 戸建 4,818円

大手光コラボと比較しても安い、格安ジャンルに入ります。  

大手の光コラボ利用者なら、変更するメリットです

2. GMOとくとくBB光 初期費用

工事をしないので工事費は不要ですが

  • 事業者変更承諾番号発行料
  • 違約金
  • GMOとくとくBBで手数料3,300円

この3つの項目が原則必要です。

番号発行料はコラボ光で変わる

事業者変更承諾番号の発行手数料は、多くの会社が3,300円と設定しています。

ただし、ここの料金設定は光コラボが決めていい仕様です(闇)

大手はそんなことありませんが、たまに聞いたことない光コラボで異常に高額なこともあります。

手順②で、しっかり契約内容の確認をしておきましょう。
工事費の残債が残っている場合も

契約中の光コラボで 新規工事費の分割が残っている場合は、事業者変更と同時に残りを払う必要があります。  

払う額が同じなら気にしなくても良いかもしれませんが、実質無料などの工事費特典が付いているなら要確認です。

3. GMOとくとくBB光 プロバイダ

事業者変更をすると、プロバイダがGMOに変更となります。(※ドコモ光でGMO利用中の方は継続)

これによって速度が変わる可能性があります。

ただし、 GMOは高速通信方式IPv6「v6プラス」がサービスに含まれます。 (IPoE/IPv4 over IPv6)

速いNTT回線の条件である、IPv6サービス。

問題なく高速通信ができる想定で良いです。
遅くなる可能性もある

インターネットの速度に絶対はありません。遅くなる可能性もあります。

念のためリスクとして理解しておきましょう。

商品性質上やってみないと分からない部分。

仮に遅かった場合は、契約縛りなしキャンペーンがあるのでまた乗り換えることは可能です。

※2022年6月時点
※原則短期解約は非推奨

4. GMOとくとくBB光 解約金

GMOとくとくBBに事業者変更すると、契約条件は変わります。

2年自動更新で、更新月以外の解約は11,000円必要となります。(税込み)

縛りなし特典あり!

2022年6月、解約縛りなし(違約金不要)の契約となる特典が入っています。  

いまは解約金不要となるので、とても綺麗な契約となります。
事業者変更で解約する場合

GMOの場合、 他社へ事業者変更する場合の、番号発行手数料は無料!  

一般的には、3,300円。
まさかの無料と優良条件。

おそらく設計ミス?そのうち有料になる気がします。
ルーターの未返却料

GMO光のルーター利用して、 36か月以内に解約となった場合は返却が必要となります。  

解約して1ヵ月以内に未返却の場合、補償料:11,000円(税込)が請求されます。

37か月使えば、返却しなくて良いです。

つまり、あなたの物になります。

5. GMOとくとくBB光 問合せ

GMO光へ変更後は、何かあればGMOお客様センターへの問合せが基本となります。

ドコモショップなどのように、店頭でのサポートは無くなります。  

店頭サポートを必須だと思う方には向きません。

GMOとくとくBB光 まとめ

ソフトバンク光からの事業者変更した場合のイメージ。

  • 月額が安くなる
  • IPv6となり速くなる想定

Softbank光の契約状況によりますが、メリットはあります。

ただし、 更新月でない場合は違約金が大きく金銭的メリットは出しずらいです。  

すべては、いま契約中の光コラボ次第!

まずはどんな契約内容か確認すると、お得か判断できそうできますよ!

②利用中の光コラボの契約確認

GMOとくとくBBのサービス内容がある程度イメージできれば

  • 変更して本当にお得か
  • オプション内容の把握

これら把握するために 契約内容を確認しておきましょう。  

確認事項
  • 月額料金
  • 契約中オプション
  • 解約金と更新月
  • 工事費残債の有無
  • IPv6サービスの利用

など、最低限これらは確認しておくのがおすすめです。

IPv6は設定時に役立つ

手順⑦のプロバイダ設定時に、今の光コラボでIPv6の契約があるかが関わってきます。

  • IPv6の利用があるか?(IPv4 over IPv6)
  • もし解約したらいつ廃止か?

この2つは聞いておきましょう。

廃止のタイミングで、新たにGMOの高速通信IPv6が使えるようになります。

正確な日時ではなく、およその廃止タイミングの回答となると思いますが、とりあえず聞いておきましょう。
主要コラボ光 連絡先
・契約内容を確認したい
・事業者変更を検討している

など言えば教えてくれます。

たまに「月額下げるから、解約しないで!」

と言われるかも。
それはそれで良い話なら乗ってもOK!
ただし条件はしっかり確認してくださいね。

【注意】オプション加入がある場合

契約内容の確認でオプション契約があった場合は注意しましょう!  

オプションを契約している場合、 サービス内容は原則そのまま継続可能です。光電話の番号もそのままです。

ただし、管理はGMO一括となります。  

オプション料金もGMOから一括で請求が来ると思っていただけると分かりやすいかもしれません。
一部オプションは例外
  • ひかり電話オフィス
  • 24時間出張オプショ

などなど、一般的には利用する機会は少ないですが、他にもオプションは数多く存在します。

一部オプションは、 GMOでも継続利用はできてもNTTからの請求のまま、もしくは使えなくなるオプションもあります。

申込前に、今どんなオプションに加入しているか手順②で確認します。

オプション加入があるなら
・引継ぎ可能か?
・GMO一括管理となるのか?

確認が必要になると知っておきましょう。
光コラボのオプションは継続不可

代表的なのはWi-Fiルーターですが、 解約する光コラボのオプションとして提供されているものは継続できません。

継続利用できるのは、原則NTTフレッツ光系のサービスのみです。

光コラボの無線ルーターが継続できなくても、GMOのルーターがあるので問題ない。

のように、なくなって困るオプションかどうかは確認しておきたい部分です。
不要なオプションは外しておく

契約内容の確認の際に、不要なオプションに加入してた場合は先に外してしまいましょう。

不要なオプションを引き継ぐ必要もないので、先に契約を整理にしてから変更がおすすめ。

不明点は事前確認も

今の契約状況が分かった状態で「 GMOとくとくBB光に変更したらどうなるのか?

申込前に事前に確認しておくのもありです。

ネットのみであれば簡単なので不要かもしれませんが、オプションが絡むのであれば事前に聞いておいて良いかも!

特に
・ひかり電話
・フレッツテレビ

以外のオプションがある場合は確認推奨です。

③事業者変更承諾番号を発行

事業者変更承諾番号は、フレッツ光を継続利用するための”引き継ぎ番号”のようなものです。

契約内容確認後、 GMO光へ切替えて問題なさそうなら番号を発行しましょう。  

発行手数料は変更完了後に請求

発行手数料という名目ですが、 新しい光コラボへ手続きをしないと請求されないのが一般的です。  

つまり解約となって初めて請求される手数料です。

ただ、聞いたことのないマイナーな光コラボの場合は、発行するだけで必要と言われるときもあります。(悪質)

念のため、請求タイミング確認しておきましょう。
参考記事
オプションがある方は特に必見!

NTTの情報開示許諾も解説しています。

④GMOとくとくBB光 申込み

※順番では手④で申込です。ただ一度、最後まで記事を確認したうえで申込をおすすめしています。  

工事不要でカンタン切り替え!【GMOとくとくBB光】月額3,430円(税込3,773円)〜!

特典適応の方法
オプションがある場合は注意

事業者変更は、原則今あるサービスをそのまま利用するもの。

手順②ですでに不要なオプションは外してあるはず!

なので残っている必要なオプションだけ継続しましょう。  

オプションが無い方は簡単ですが、オプション有りの方は少しweb申込フォームが分かりにくく不親切なのでご注意。

⑤無線ルーターの申込み

無線(Wi-Fi)ルーターが無い場合は、高速通信IPv6「v6プラス」対応ルーターを準備しましょう。

GMOの無料レンタルがおすすめ

GMOとくとくBB光の魅力は高品質ルーターの無料レンタル。

型番の指定はできないのとリファービッシュ(整備品)ではありますが、どれも高性能です。

  • 規格速度1,700Mbps越え
  • Wi-Fi6対応

どちらも対応しており、無料でレンタルできるルーターでは業界No.1級。

公式サイト

シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!高性能なWi-Fiルーターレンタル無料!

※最新のラインナップはこちらで確認

原則、GMO光の申込みでルーターも自動申込み。

工事日前までの発送、もしくは工事日から7営業日後を目途にお届け先へ発送予定。

自身のルーターを利用することも可能

さらに高品質なルーターを利用したいのように、こだわりがあるなら自身のルーターを利用することも可能です。

利用するなら「v6プラス対応ルーター」で選ぶと良いです。

参考記事

⑥切替日と自動解約

申込時に提示された切替日になると、自動でGMO光へ変更されます。

何もしてないので切替わったか不安になると思いますがそれが事業者変更です。  

旧光コラボも自動で解約となります。

独自オプションが残る場合も

原則、事業者変更と同時に旧光コラボは自動解約となります。

ただし一部の旧光コラボの独自オプションが残る場合もあります。残る場合で不要ならオプション解約を行いましょう。

ほとんどは自動で全て解約です。

独自オプションが残ることは、ほぼ無いですが念のため記載。

⑦プロバイダ設定

切替日からしばらくすると旧プロバイダが利用できなくなり、ネットにつながらなくなります。

新たにGMOのプロバイダ設定を行いましょう。  

おすすめは高速通信のIPv6「v6プラス」での設定です。

自動解約ですが、プロバイダは旧コラボのまましばらく使えてしまいます。(長くて月末まで)

それで正常なのでご安心を。

使えなくなる前に設定してしまいましょう。

IPv6「v6プラス」設定方法

  1. NTT機器とルーター接続
  2. 約30分以内に自動設定完了

基本的には、GMOのルーターを接続して電源を付ければIPv6で設定は自動完了します。(IPoE IPv4 over IPv6)

ただし「 旧光コラボでIPv6サービスを利用していたなら注意です!

IPv6利用していた場合

GMO光の切替日になっても、しばらく旧コラボ光のIPv6が外れません。

そのためGMO光でIPv6の取得ができません。

旧コラボ光でIPv6の利用がある場合は「ネットが使えなくなればGMOのルーターをさす」これが簡単です。

  1. 切替日になっても何もしない
  2. ネットが使えなくなる(旧IPv6が廃止されたという事)
  3. GMOのルーターを接続
  4. 約30分でGMOのIPv6で自動設定がが入る

この手順でIPv6が利用可能になります。

IPv6だけで見ると、一時的にネットが使えない期間が発生します。

少しでも、なるべく使えない期間を出したくない場合はIPv4設定もしましょう。

GMO Pv4設定

GMOから届く会員証に記載された

  • 接続ID
  • 接続PW

これらをPCなどで入力する手入力する必要があります。

GMO公式サイト

設定マニュアル

設定は公式サイトにて!

ルーターが新しくなったならWi-Fi設定も

Wi-Fi利用する場合は、受信したい端末でWi-Fi設定をしましょう。

  1. 設定
  2. Wi-Fi

と押していけば、ルーターの裏に書かれたSSIDが出てきているはずです。

良く分からない方は「Wi-Fi設定方法」こちらもご参考に。

⑧キャンペーン申請

GMOとくとくBB光は、 後から申請が必要なキャンペーンはしていません。 (2022年月6現在)

基本的にはこれで申込完了です!

あとから何もないので楽!

GMOとくとくBB光はコチラ

工事不要でカンタン切り替え!【GMOとくとくBB光】月額3,430円(税込3,773円)〜!

縛りなしなので、大きなリスクは背負わずに
・月額最安クラス
・高速IPv6込み
・高性能Wi-Fiルーター無料

となります。
web申込で基本手続き完了となります。

メリットがあるなと感じたら変更してみてください。